H25瀋陽化工大学交換留学出発式

H25瀋陽化工大学交換留学出発式

9月3日(火)富山きときと空港1階会議室で、「富山県立大学交換留学生出発式」が行われました。瀋陽化工大学と本学は平成23年1月に学術交流協定、単位互換に基づく学生交流協定を締結し、今年の派遣生8名を合わせてこれまで27名の学生を派遣し、6名の学生を本学に受け入れています。

出発式で、石塚学長は、「日常とは異なる環境の中で、普段の生活では得ることのできない貴重な経験をし、その成果を帰国後の学生生活に活かしてほしい」とメッセージを送りました。また、留学生リーダーの環境工学専攻1年 佐橋宗明さんは、「実際の中国はどのような風土・文化の中で暮らしているのか、瀋陽化工大学の学生との交流を通して、自分の目で確かめていきたい」と意気込みを語りました。

学生は、瀋陽化工大学で「初級中国語」「中国事情」を履修し、19日間滞在します。