富山県費留学生華さんがとやま名誉友好大使を委嘱されました

「とやま名誉友好大使」は、県内に一定期間以上滞在した外国の方を対象に、富山のよき理解者を世界に広め、世界と富山県の友好の懸け橋として活躍していただくことを目的として富山県が認定しているものです。
2014年3月14日、富山県費留学生として本学で1年間研究生で在学した華 正罡さんが大使の委嘱を受けました。華さんはこれから、富山県と中国の国際交流の促進のため、外から見た本県の感想をレポート・アドバイスしたり、富山県の紹介をしていただきます。
委嘱を受け、華さんは「とやま名誉友好大使に認定していただき、とてもうれしいです。遼寧省と富山県の友好関係、さらに中国と日本との友好関係を深めるために、貢献したいです。」と抱負を述べました。

華さん(右)と奥川指導教員(左)

華さん(右)と奥川指導教員(左)